”ミツバチ便り”

南足柄市、自然あふれる金太郎のふる里から、純国産の美味しいはちみつをあなたのご自宅までお届けします。

◎  はちみつについて 

■「家庭薬」としてのはちみつ 

はちみつは、百年ぐらい前までずっと、抗菌剤の代表でしたが、

ペニシリンなど新薬が出来て以来、すっかりお砂糖代わりの甘味料となってしまいました。 

ところが、今世紀に入ってから、はちみつの抗菌剤や栄養剤としての効能やその仕組みが、

医療現場でも注目されるようになってきたとのことです。

■「百花蜜」家庭薬としての大黒柱に

サプリでいうとマルチビタミン、マルチミネラルみたいな「百花蜜」がおすすめ!

普段の体力、免疫力の底上げや、風邪、インフルエンザ、虫歯、歯周病、胃潰瘍、花粉症など

病気予防のための栄養剤、抗菌剤として、ひとさじ、またはふたさじを毎日常食すると良いそうです。

■薬になるはちみつは「美味しい」

「純粋はちみつ」だからといって、非加熱とはかぎらない。

「精製や加糖、高温加熱、農薬や公害汚染のない、

酵素やビタミンが生きている天然の純粋な完熟はちみつ」は、効能以前に、まず美味なのです。


はちみつを口に運ぶと、口の中になめらかに広がる甘みの向こうに、

草原や茂み、一面の花を咲かせた畑、あるいは樹木の立ち並ぶ様子が見えてくる幸せ。


★★ 花とミツバチと太陽の生命力。生命力には味がある。 ★★
      参照:「はちみつ日より」 前田京子著

スポンサーサイト



COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:


back to TOP